• うつ病には早期メンタルケアを

うつ病とは

うつ病と診断されたら

うつ病は、現代の日本で急増している精神疾患の一つです。精神的に落ち込む状態が続きます。憂うつな状態の抑うつ気分といい、抑うつ気分が強まると、ことを抑うつ状態と言います。抑うつ状態が進行するとうつ病と呼ばれるようになります。うつ病は様々な分類に分けることが出来ます。外因性、内因性、身体因性、心因性と分けられます。身体因性のうつ病は、体の状態によって引き起こされるものです。脳に起きるアルツハイマーや認知症といった病気や、身体に起きる甲状腺機能低下症という病気の治療に対して処方される薬がうつ病を引き起こすことがあります。

追いかけてゆく医療技術

心因性うつ病とは、精神的ストレスや負担を抱えることによって引き起こされるうつ病です。一過性のものも多く、経度の場合は治療を行わなくても治ることもあります。しかし、進行すると重症化したり、自殺を行なったりすることがあるので、少しでもおかしいと思った際には治療を受ける方がよいでしょう。心因性のうつ病と診断された場合には、抗うつ薬を服用して症状の改善を図ります。心因性の場合は、薬を服用しなくても回復することもあります。その人それぞれによって、うつ病の原因や治療方法が違います。まずは精神科に行って自分の症状をしっかり把握する必要があります。精神の疾患は目に見えづらいので、周囲の理解が得られず本人が一人で苦痛を抱えてしまいがちです。そのような事にならないためにも、精神科に相談しましょう。

うつ病と診断された後には、通院が始まります。始めは、短いスパンで通います。経過観察の意味もありますが、それ以上に医師との信頼関係を構築させる目的があります。 うつ病の治療には、いくつかの種類があります。「休養」、「睡眠」「抗うつ剤」、「認知療法」等です。うつ病と診断された人の多くは、軽い抗うつ剤の服用を勧められます。認知療法は、本人が希望した場合や、医師の得意分野である場合等に実施される事が多いです。 従って、うつ病と診断された人は大抵が抗うつ剤を服用しつつ、睡眠と休養を心掛ける治療へ進みます。 服用は兎に角、睡眠や休養の確保には、周囲の人間による配慮や環境の整備が必要です。焦らずにゆったりとした気持ちで、臨むと良いです。

現代人のうち、2人に1人はうつ病であると言われています。そして、前述した通り、うつ病と診断された人の多くが「抗うつ剤」 を服用します。抗うつ剤の開発は、現在も進められています。実際に使用されているのは、大抵がモノアミンを正常化させる事を目的としています。しかし、開発が行われているものの内には、モノアミンを正常化させる目的以外の抗うつ剤も存在します。 HPAに関連のもの、ホルモンの分泌を整えるもの、ニコチンに関与させるもの、アドレナリンを刺激するもの等、実に様々です。 沢山の研究者達によって、日々、研究が進められています。開発が急がれています。より良い処方が実施されれば、状況は今よりも更に改善します。 研究者と需要が、追いかけっこをしている様です。

CONTENTS