• 空

光トポグラフィー検査

男

うつ病と診断される際に、検査を行います。診断を下すための判断材料になるのが、問診の情報です。患者がどのような精神状況なのか、どのような環境でどのようなストレスを感じているのかなどを知ることによって、患者のうつ状態を性格に把握することが出来ます。うつ状態を性格に把握することで効率のよい治療を行うことが出来ます。より患者の状態を性格に把握するためには、患者だけでなく親しい友人や恋人、家族の付き添いが必要です。自分で自分の事を正確に把握していない場合があります。そのような場合は、情報に不備があり、治療に支障をきたします。客観的に普段から患者を見ている人の情報を合わせることで、より室の高い診断結果が出ます。

うつ病の検査として近年注目を浴びているのが光トポグラフィー検査です。この検査は、近赤外光を利用して、前頭葉の血流を調べるという検査です。体に害のない近赤外光なので、検査の安全性が大きなメリットです。前頭葉を流れる血液のパターンを正確に見ることができるので、うつ病の診断に役立ちます。血流のパターンは様々なものがあります。健康な人の脳と、うつ病患者の脳、他にも双極性障害の患者の脳、と統合失調患者の脳では血流のパターンが異なります。それぞれの血流パターンに特徴があるため、うつ病診断に役立ちます。診断補助として行われる検査なので、問診と併せて行われます。より精度の高いうつ病検査のために様々な技術が発達しています。

↑ PAGE TOP