• 空

新型うつとは

頭を抱える

心の健康を知る簡単な診断方法があります

従来のうつ病とは違う新たなうつ病が現れています。それは、新型うつ、現代型うつと診断されるうつ病です。新型のうつ病は、逃避型うつとも呼ばれています。医学的に性格な定義や分類がされている病気ではありませんが、近年ではこの新型うつが増えています。新型うつの特徴として、倦怠感や疲れは感じるものの、抑うつの症状や自殺願望は出づらいという傾向にあります。会社などの面倒に思っている仕事を行なう際に気分が落ち込みがちになり、月曜日になると抑うつ症状が出て、欠勤しがちになります。

自分ひとりでうつ病のチェックができるので安心です

通常のうつは、これまで好きだったことや楽しかったことも楽しくなくなり、興味関心を失います。しかし、新型うつの場合は、楽しいことや興味のあることに対しては積極的に行なうことが出来ます。うつ病と診断されて会社を休んでいても、外出して遊ぶ事が出来るのが新型うつです。従来のうつ患者は、自分がうつ状態にあることを出来るだけ隠したいという意識がありました。精神的に脆弱であるとのイメージがつくことを嫌がるためそのような傾向が見られました。新型うつは積極的に周囲に自分がうつであることを知らせるという傾向にあります。自己診断でうつだと称して病院に行くことも多くあります。自分に対する罪悪感が乏しく、周囲の人間や会社の責任にして自分の責任を免れようとする場合が多く見られます。このような場合は、神経伝達に障害があるというわけではなく、本人の性格によるものが大きいです。新型うつと診断された場合は、薬の服用を控えましょう。

最近、何故か心が不安定な気がしたり何をしていても楽しくなかったりすることがある人は、うつ病の健康診断をしてみてはどうでしょうか。 ですが、いきなり病院へかかるというのは抵抗があるという人も多いと思います。 そこで、うつ病の疑いがあるのかどうかを知る簡単なチェック法を紹介します。 以下の項目で自分に当てはまることがあるかどうかを確認してみて下さい。 朝、目が覚めた時に陰気な気分がする。 物事に対してのやる気が以前よりも無くなった。 お洒落に無関心になった。 気が短く根気が無くなった。 物事の決断ができず以前よりも優柔分断になった。 人と会うことが苦手になった。 不安やイライラすることが増えた。 この世から消えてしまいたいと思うことがある。 感情がコントロールできなくなった。 食欲がおちてきた。 これらのチェック項目の中で自分に当てはまるものが半分以上あった場合は、うつ病である可能性が高まっています。 ですが、上記のチェック法はほんの一例です。 インターネットで検索をすると、もっと詳しく専門的に調べる方法があります。 より詳細にうつ病の診断をするためには、うつ病の診断専門のサイトなどを利用して、より正しい診断をして下さい。

インターネットでうつ病の診断を利用する人はとても多いです。 手軽に知ることができるので利用者が多いのです。 うつ病の診断を取り扱っているサイトは、たくさんの種類があります。 検索をする時は、信頼できるサイトを選んで下さい。 インターネットを利用してうつ病の診断をするメリットは、自分ひとりで調べることができることです。 とてもデリケートな病気ですので、インターネットなら他人に知られること無く自分だけで知ることができるのです。 そして、その診断結果を参考にして病院へかかるべきなのかどうかをまずは自分自身で判断できます。 うつ病の診断で当てはまる項目が多かった場合は、病院へかかる決意も高まり悪化することを防ぐきっかけにもなります。 うつ病ではないかと疑えるような症状が気になったら、なるべく早い段階でこういった診断をしてみて下さい。

↑ PAGE TOP